法事のお供えにかけるのし紙(掛け紙)の選び方と書き方

法事のお供えにかけるのし紙(掛け紙)の選び方と書き方を解説します。初めて法事のお供えの準備をする方向けです。間違った掛け紙の選び方・書き方をして恥をかかずに済みます。

「のし紙」は、「のし」のついた慶事用の掛け紙です。弔事用の掛け紙に「のし」はついていないので、ここではお供えにかける紙を「掛け紙」と呼びます。

掛け紙の選び方

掛け紙は、「結び切り」と呼ばれる結び方の水引が印刷されたものを選びます。結び切りとは、一度結ぶとほどけないといわれている結び方で、法事だけでなく結婚のときにも用いられます。

水引の色は、お供えのシーンによって変わってきます。通夜・告別式のときは黒白、お盆のときは黄白が一般的です。法事のときは黒白・双銀・黄白のいずれかを選びます。

表書きの書き方

水引の上側には「御供」と書き、下側には贈り主の名前をフルネームで書きます。夫婦で贈る場合は、夫の名前を書くと良いでしょう。会社の関係者が亡くなり連名でお供えを贈る場合は、一番右側にもっとも格上となる人物の名前を。全員が同格の場合は、右から五十音順に書いていきます。

内のしと外のし

掛け紙のかけ方は、「内のし」と「外のし」に分けられます。内のしは包装紙の内側にのし紙をかける方法で、式典に出席できない場合に用いられることが多いです。一方で外のしは、包装紙の外側にかける方法です。式典に出席し直接渡す場合はこの方法を用います。

掛け紙のかけ方に特別決まりはないので、内のしにするか外のしにするかでそこまで悩む必要はないでしょう。ただ、手渡しする場合は外のしを用いるケースが多いです。