お通夜の受付から弔問客への挨拶の仕方

お通夜の受付から弔問客への挨拶の仕方を解説します。初めてお通夜の受付を頼まれた方向けです。挨拶の言葉やNGワードを具体的にご紹介しているので、初めてでもしっかり受付の役目を果たすことができます。

挨拶の言葉

お通夜の受付のおもな仕事は、香典の受け取り→芳名帳への記帳のお願い→会葬御礼の手渡しです。まず、弔問客が香典を差し出したら「お預かりいたします」といって両手で受け取り一礼します。次に芳名帳への記入をお願いしますが、このとき「恐れ入りますが」と加えてから「こちらにお名前とご住所をご記帳ください」といいましょう。芳名帳への記入が終わったら、「ありがとうございます」「こちらをお持ちください」といって会葬御礼を渡します。

弔問客がお悔やみを述べたら、「ありがとうございます」「ご苦労様です」などのお礼を述べます。雨天の場合は「本日は足元の悪い中お越しいただき」とひと言添えましょう。基本的に敬語と丁寧語を使いますので、普段の言葉使いにならないよう注意してください。

お通夜でのNGワード

お通夜では「言ってはいけないタブーな言葉」というものがあります。それが「忌み言葉」です。消える、落ちる、大変なことになる、浮かばれないなどの不吉な言葉、重ね重ね、いよいよ、ますます、またまた、再び、続いて、繰り返しなどの不幸が続くことを連想させる言葉はNGワードなので使わないようにしましょう。

「ご冥福をお祈りいたします」「ご愁傷様です」などといった言葉はお通夜でよく使われますが、宗教によってはNGワードとなります。神道やキリスト教では、冥福、ご愁傷様、仏、成仏、供養、往生などは忌み言葉とされているので、仏教式の葬儀以外では使わないよう注意してください。

受付は意外とやることが多い

受付は弔問客を迎えるだけでなく、弔電・供花・供物などさまざまな届け物の対応もしなければいけません。なかには、遺族との面会を希望される方もいるでしょう。やるべきことがたくさんありますから、きちんと仕事をこなすためには事前の準備が大切になります。

以下の記事では、お通夜の受付マナーについて詳しく解説しています。

お通夜の受付マナー