お通夜の受付へのお礼

お通夜の受付へのお礼について解説します。友人・知人にお通夜の受付をお願いした方向けです。お礼としてどんなものがふさわしいのかご紹介していますので、お礼の準備に手間取らずに済みます。

お礼にふさわしいもの

通夜の受付を手伝ってくれた人へのお礼は欠かせません。お礼の品として代表的なものは、現金・菓子折り・お茶などです。

現金を渡す場合、気になるのが「入れる金額」ですよね。特に金額が決まっているわけではありませんが、お礼の場合は3,000円以上が一般的です。会社関係者であれば、5,000円以上がベスト。誰が受付を手伝ってくれたかによって入れる金額を決めるのが一番でしょう。

菓子折りは百貨店や専門店などで購入するケースがほとんどです。和菓子が多いですが、日持ちのする焼き菓子でも良いでしょう。大手の百貨店にはお礼用の商品を取り扱っているところもありますから、参考にしてみてください。

お茶は、高齢の方にお礼をする場合に適しています。お茶には「境界を区切る」という意味がありますから、通夜のお礼には大変おすすめです。

他には、タオルや洗剤、商品券やカタログギフトなどがお礼としてふさわしいです。ただタオルや洗剤などは好みもありますので、相手の好みを知らない場合は避けたほうが無難でしょう。

お礼の贈り方

現金は不祝儀袋か白封筒に入れましょう。品物を渡す場合は掛け紙をかけてください。表書きには「志」「御礼」などと書き、下段には喪主の名前を書きます。

ただし、表書きに「志」と書く場合は「寸志」と間違わないようにしましょう。寸志は目上の者が目下の者に対して用いる言葉なので、相手に対して失礼になります。

現金と品物どちらが良い?

お礼は受付を手伝ってくれたことへの感謝の気持ちを込めれば良いので、現金でなければいけない、品物でなければいけないという決まりはありません。相手の好みを知っている場合は好みの品物を、知らない場合は現金・商品券・カタログギフトなどを贈ると良いでしょう。

ただし、慣習がある場合はそれに従う必要があります。決めるのは地域の年長者に尋ねてみてからのほうが良いかもしれませんね。