弔電の宛名を喪主以外にする場合の送り方

弔電の宛名を喪主以外にする場合の送り方を解説します。喪主と面識がない方や、喪主の名前がわからない方向けです。宛名を書くときの迷いがなくなり、迅速に弔電の手配を進めることができます。

宛名の書き方

弔電は喪主宛に送るのが基本です。しかし、喪主と面識がない場合は「この人誰だっけ?」と相手を混乱させてしまいますし、そもそも喪主の名前がわからない場合は送りたくても送れません。

このような場合は、宛名を「◯◯(喪主の名前)様方 ◯◯(友人・知人の名前)様」としたり、「◯◯(故人の名前)様ご一同様」「◯◯(故人の名字)家ご遺族様」などとして送りましょう。たとえば、友人の父親が亡くなり母親が喪主を務める場合、最初に友人の母親の名前を書き、その後に友人の名前を書きます。

差出人の書き方

お通夜には多くの弔電が届きますので、差出人は分かりやすく書かなければいけません。ですから、宛名同様フルネームで出すようにしましょう。差出人の名前の後にカッコ書きで「◯◯高等学校 ◯年同窓生」「◯◯大学 ◯年卒 学友」などと、故人との関係を添えておくとより分かりやすくなります。会社から取引先や社員に送る場合は、「◯◯会社 代表取締役社長 ◯◯」というふうに、会社の代表者の名前を書きます。

複数人で出す場合、夫婦のときは夫の名前だけでOKです。マナー上連名でも問題ありませんが、地域によっては男尊女卑の考えが根強く残っているところもあるので、連名で出すとよく思われない場合があります。会社の同僚に対し複数の社員で出すときは、「◯◯会社 ◯◯部一同」などしましょう。

弔電を送るときのポイント

弔電を送る場合、いくつかのポイントがあります。一つ目は「故人の名前を敬称で表す」、二つ目は「忌み言葉を使わない」、三つ目は「告別式の前日までに届くよう手配する」です。この三つを守れば、相手方から「非常識な人だ」と思われるようなことはまずないでしょう。

弔電を送るときのポイントについて、詳しくは以下の記事で解説しています。

弔電の宛名には誰の名前を書く?