喪中ハガキの文例-母親が亡くなった場合-

喪中ハガキの文例をご紹介します。実母・養母が亡くなった方向けです。コピペで使える文例をいくつかご紹介しているので、文章を考える手間を省くことができます。

基本的な喪中ハガキの構成

喪中ハガキの基本的な構成は、次のとおりです。

  1. 年賀欠礼の言葉
  2. 喪中であることの説明
  3. お世話になったことへのお礼の言葉
  4. 新年に関する言葉
  5. 日付

故人との続柄がなんであれ、このような構成で文書を作成します。「2.喪中であることの説明」では、故人の名前の前に差出人の筆頭者(夫婦連名なら夫)から見た続柄を書きます。たとえば、夫の母親が亡くなったのであれば、「母 ◯◯(夫の母親の名前)」と、妻の母親が亡くなったのであれば、「養母 ◯◯(妻の母親の名前)」と書くことになります。「養母」は「妻の母」と表現しても問題ありません。

母親が亡くなった場合の文例

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます
本年◯月◯日に母 ◯◯が◯歳にて他界いたしました
生前のご厚情に深く感謝申し上げますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほど謹んでお願い申し上げます
平成◯年◯月
喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
母 ◯◯が◯月に◯歳にて永眠いたしました
ここに本年中賜りましたご厚情を深謝いたします
皆様にとりまして明年が良き年となりますことをお祈り申し上げます
平成◯年◯月
喪中のため年頭のご挨拶は失礼させていただきます
養母 ◯◯が本年◯月に◯歳にて他界いたしました
生前はご厚情を寄せていただきありがとうございます
時節柄くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます
平成◯年◯月
喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮申し上げます
◯月◯日に養母 ◯◯が◯歳にて永眠いたしました
平素のご厚情に深く感謝申し上げますとともに
明年も変わらぬお付き合いのほど何卒よろしくお願い申し上げます
平成◯年◯月
喪中のため新年のご挨拶をご遠慮申し上げます
妻の母 ◯◯が本年◯月に◯歳にて他界いたしました
本年中に賜りましたご厚情に深く感謝いたしますとともに
皆様に良い年が訪れますようお祈り申し上げます
平成◯年◯月

なお、同じ年に夫の母親と妻の母親の二人が亡くなっている場合、故人の名前は「亡くなった順」に書くことになります。以下に具体例をあげますので参考にしてみてください。

◯月◯日に養母 ◯◯が◯歳にて
◯月◯日に母 ◯◯が◯歳にて
他界いたしました