喪中ハガキの文例-父親が亡くなった場合-

喪中ハガキの文例をご紹介します。実父・養父が亡くなった方向けです。コピペで使える文例をいくつかご紹介しているので、文章を考える手間を省くことができます。

基本的な喪中ハガキの構成

喪中ハガキの基本的な構成は、次のとおりです。

  1. 年賀欠礼の言葉
  2. 喪中であることの説明
  3. お世話になったことへのお礼の言葉
  4. 新年に関する言葉
  5. 日付

喪中ハガキを作成するときは、この構成を守るようにしましょう。なお、「2.喪中であることの説明」では、差出人の筆頭者(夫婦連名なら夫)から見た続柄を故人の名前の前に書きます。「父」「養父」「妻の父」などと書いた後に故人の名前を続けてください。

父親が亡くなった場合の文例

喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮申し上げます
本年◯月に父 ◯◯が◯歳にて他界いたしました
本年中に賜りましたご厚情を深く感謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます
寒さが厳しくなってまいりますのでくれぐれもご自愛ください
平成◯年◯月
喪中のため年末年始のご挨拶を失礼させていただきます
父 ◯◯が◯月◯日に◯歳で永眠いたしました
生前賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
良き新年をお迎えくださりますようお祈り申し上げます
平成◯年◯月
喪中につき新年のご挨拶をご遠慮申し上げます
養父 ◯◯が◯月に◯歳にて永眠いたしました
長年にわたるご厚誼に心から感謝いたします
寒さに向かう折から皆様のご健康をお祈り申し上げます
平成◯年◯月
喪中のため新年のご挨拶を失礼させていただきます
本年◯月◯日に養父 ◯◯が◯歳で他界いたしました
故人の遺志もありまして葬儀は身内で執り行いました
ここに平素のご芳情に深く感謝申し上げます
明年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます
平成◯年◯月
喪中につき年末年始のご挨拶を謹んでご遠慮申し上げます
◯月に妻の父 ◯◯が◯歳にて他界いたしました
本年中に賜りましたご厚誼に深謝いたしますとともに
皆様に良い年が訪れますようお祈り申し上げます
平成◯年◯月

なお、同じ年に二人が亡くなっている場合は、次のような形で「亡くなった順」に故人の名前を書きます。夫の父親が4月に、妻の父親が9月に亡くなっている場合、夫の父親→妻の父親の順番で書くことになります。

◯月◯日に父 ◯◯が◯歳にて
◯月◯日に養父 ◯◯が◯歳にて
他界いたしました