喪中ハガキはいつまでに出す?

喪中ハガキはいつまでに出すものなのか解説します。本年中に配偶者、父母、子、兄弟姉妹、祖父母、孫などが亡くなった方向けです。出すのが送れて相手に心苦しい思いをさせてしまう事態を避けられます。

喪中の範囲と期間

喪中は年賀状を送ることができません。そのため、「喪中ハガキ」を書いて年賀状を出せないことを相手に伝えますが、その前に喪中の範囲と期間を知っておきましょう。

喪中の範囲は、一般的に「2親等」までです。夫、妻が0親等、父母、子が1親等、兄弟姉妹、祖父母、孫が2親等にあたるので、故人が自分にとっての夫、養母、弟などであれば喪中になります。ただ、故人と親しい間柄であった場合は、3親等以降も喪に服して良いとされています。

喪中の期間に特に決まりはありませんが、一般的には1年です。かつては「服忌令」という法令によりこと細かく規定されていましたが、現在この法令は撤廃されています。

喪中ハガキを出す時期

喪中ハガキは、遅くても12月初旬までには届くように出しましょう。喪中ハガキの差出人へは年賀状を送らないのがマナーですので、年賀状が投函され始める時期より前に出すのが基本です。でなければ、「喪中ハガキが届いたけど、もう年賀状を出してしまった」と相手を申し訳ない気持ちにさせてしまう可能性があります。より相手のことを気遣うのであれば、11月中に投函するのがベストです。

ちなみに、年末年始に不幸があった場合は、すでに相手方が年賀状を送っているため喪中ハガキの意味がなくなってしまいます。この場合は、喪中ハガキは出さずに松の内を過ぎてから「寒中見舞い」を出すようにしましょう。ハガキには不幸があったことを忘れずに書くようにします。松の内を何日までとするかは地域によって異なりますが、一般的には1月7日までです。

喪中ハガキを出す相手

喪中ハガキは友人・知人すべてに出すのではなく、毎年年賀状を交換している人に出します。ただし、すでに喪中であることを知っている親族には送る必要はありません。

最初にも述べたとおり、喪中ハガキは「年賀状を出せないことを伝えるためのもの」です。これを「喪中であることを伝えるもの」ととらえ「わざわざ訃報を知らせるのも気が引ける」と喪中ハガキを送らない人もいますが、本来の意味で考えれば当然送るべきものとなります。