香典返しの時期・品物・相場

香典返しの時期・品物・相場について解説します。「香典返しはいつなにを贈れば良いのか」と悩んでいる方向けです。正しい時期に相手へ失礼のないお返しをすることができます。

香典返しを贈る時期

香典返しは「いただいた香典へのお礼」ですが、弔事が無事に終わったことの報告も兼ねているので、本来であれば四十九日法要後に贈ります。あまり遅くなってもいけないので、できれば四十九日法要後1か月以内に贈るようにしましょう。

しかし、最近は「当日返し」といって、通夜や告別式の際に会葬御礼とあわせて贈るケースがよく見られます。当日返しの場合、香典に関わらず一律の品物を贈ることになるため、いただいた香典が高額の場合は後日金額に見合った品物を贈るのがマナーとなっています。

香典返しにふさわしい品物

香典返しには「あとに残らないもの」がふさわしいとされています。食品であれば、コーヒー、紅茶、お菓子、海苔、砂糖などがベターです。消耗品であれば、石鹸、洗剤、タオルなど。迷う場合はカタログギフトを贈ると良いでしょう。相手に好きな品物を選んでもらえるので失敗がありません。

なお、香典返しには「お礼状」を添えるのがマナーとなっています。お礼状には、「頭語」「会葬や香典へのお礼の言葉」「四十九日法要を無事終えたことの報告」「香典返しを贈ったことのお知らせ」「略儀で済ませることへのお詫び」「結語」「日付」を書きます。

香典返しの相場

香典返しの品物は、いただいた香典の半分~4分の1程度の金額にするのが妥当です。香典が1万円以内であれば半分の5,000円、1万円より大きい場合はその3分の1、もしくは4分の1程度の品物を贈ります。

なお、当日返しの場合は2,500~5,000円のものを用意するのが一般的です。1万円以上の高額の香典をいただいた相手へは、香典から1万円を引いた額を基準として品物を決め、後日贈ります。たとえば、5万円の香典をいただいた場合は4万円の3分の1で13,000円程度、もしくは4分の1で10,000円程度の品物を贈れば失礼にならないでしょう。