戒名はいらない?つけたほうが良い?

戒名はいらないのかつけたほうが良いのか解説します。家族が亡くなり、戒名をつけるべきか迷っている方向けです。戒名をつけるかべきか否かの判断がしやすくなります。

戒名とは

戒名は仏教徒になった証としてつけられる名前で、戒名をつけることで故人の魂が仏の元へ行けると考えられています。本来であれば生前につけてもらうものですが、現在は死後につけてもらうことが一般的です。基本的には僧侶につけてもらいます。

戒名には階級があり、選ぶ戒名によって価格が大きく異なります。たとえば、「信士」「信女」「釋」「釋尼」などは15万円からつけてもらえる場合がありますが、「院居士」「院大姉」などは100万円以上かかる場合があります。そのため、「名前をつけてもらうだけなのになんでこんなにお金がかかるの?」と戒名をつけることに疑問を感じる人も少なくありません。

では、戒名は高いお金を払ってまでつけてもらう必要があるのでしょうか?

戒名は必要か

葬式自体は戒名がなくても行うことができます。また、お寺ではなく民間の納骨堂やお墓に納骨する場合も必須ではありません。

戒名が必要となるのは、お寺の納骨堂やお墓に納骨する場合です。戒名なしでお寺に納骨を頼んでも断られてしまうケースがほとんどでしょう。また、戒名代を抑えるために自分で戒名をつけた場合も、お寺に納骨することは難しいです。

よって、戒名をつけるかどうかは、「どこに納骨するか」で決めると良いでしょう。戒名は必ずしもつけなければいけないわけではありません。

戒名を選ぶ基準

戒名を僧侶につけてもらうことにした場合、迷うのが「どの階級にするか」です。一体、戒名はどのような基準で選べば良いのでしょうか?

一般的には、新しくお墓を建ててそこに入る場合は自由、先祖と同じお墓に入る場合は先祖より高い階級にしない、夫婦で同じお墓に入る場合は二人とも同じ階級にする、といった基準で戒名を決めます。戒名は「高ければ高いほど良い」というわけではないので、階級の高さよりも「払える金額かどうか」を考えて決めたほうが良いでしょう。