一周忌と一回忌の違い

一周忌と一回忌の違いについて解説します。一周忌と一回忌を同じものだと思っている方向けです。「◯周忌」と「◯回忌」はまったく違うものですので、それぞれの意味についてきちんと理解しておきましょう。

一周忌とは

一周忌とは、1年後の命日のことをいいます。「◯周忌」は満年齢(最初の年を0とする)と同じ数え方をするので、命日からちょうど1年後のことを一周忌と呼ぶのです。命日から2年後は二周忌、3年後は三周忌です。

一周忌には一周忌法要を行うのが一般的です。遺族は法要の日程や場所を決め参列者に連絡、会食や引き出物の手配、お布施の準備などを行います。参列者は故人との付き合いの深さに応じた香典を用意します。法要後の会食に招かれている場合は、その分も加味した金額にしましょう。

一回忌とは

「◯周忌」が満年齢と同じ数え方をするのに対し、「◯回忌」は数え年(最初の年を1とする)と同じ数え方をします。そのため、一回忌=葬式となります。一周忌はいわば二回忌です。

一回忌以降は三回忌が命日の2年後、七回忌が命日の6年後、十三回忌が命日の12年後……と続いていきます。この「◯回忌」の種類は、五十回忌までは「一の位が3もしくは7の数」だということを覚えておくと便利です。「◯回忌」には一周忌と同じく法要をするのが一般的で、七回忌あたりから規模を小さくし、三十三回忌を弔い上げとするケースが大半となります。

「二回忌」ではなく「一周忌」と呼ぶ理由

前述のとおり、「一周忌」とは「二回忌」のことです。では、なぜ「二回忌」ではなく「一周忌」と呼ぶのでしょうか?

これは、「亡くなってから1年後に初めて迎える祥月命日(命日と同じ月日)を大切にするため」といわれています。命日から1年経ったということを表すには「二」より「一」のほうが適しているため、「二回忌」ではなく「一周忌」と呼ぶのかもしれませんね。