お通夜の流れと所要時間

お通夜の流れと所要時間を解説します。お通夜に参列する方向けです。一般的な流れと所要時間を知ることで、心構えをもって式に参列できたり、式前後の予定を調整できたりします。

お通夜の流れ

通夜は、一般的に逝去日の翌日に行われます。流れは次のとおりです。

  1. 喪主・遺族集合
  2. 受付開始
  3. 着席
  4. 開式
  5. 読経・焼香
  6. 閉式
  7. 通夜振る舞い

式では僧侶による読経と、遺族・親族・一般参列者による焼香が行われます。焼香の順番は喪主→遺族→親族→一般参列者です。読経・焼香後に喪主が挨拶をし、閉式となります。閉式後は、参列者に対して遺族が食事を振る舞う「通夜振る舞い」が行われます。通夜振る舞いへの参加範囲は地域によって異なりますが、遺族から参加を請われた場合、参列者は極力参加するようにします。

焼香については以下の記事が参考になります。

焼香の順番
焼香の仕方

お通夜の所要時間

式自体にかかる時間は1時間程度です。18時開式の場合は19時頃に閉式となる場合が多いでしょう。閉式後の通夜振る舞いは1時間ほどですので、通夜振る舞いまで参加する場合は20時頃に帰宅することになります。

なお、喪主や遺族は開式の2時間前には斎場に集合し、芳名帳や筆記用具を用意するなどして受付の準備をおこないます。遺族・親族は通夜振る舞いの後、斎場に泊まって「棺守り」をする場合がありますが、斎場によっては宿泊ができなかったり宿泊人数に制限があったりするので、泊まるかどうかは状況に応じて決めると良いでしょう。現在では「必ず泊まらなければいけない」という考えを持った方は少なくなってきているようです。