葬式のやり方

葬式のやり方を解説します。家族が亡くなった方向けです。葬式全体の流れ、亡くなったことを伝える範囲、葬式の種類について書かれているので、葬式の準備を進める上で参考になります。

葬式全体の流れ

逝去から還骨法要・初七日法要までは、一般的に次のような流れで行われます。逝去日の翌日に通夜、翌々日に告別式・火葬というケースが多いです。

  1. 逝去
  2. 関係者へ連絡
  3. 死亡診断書の受け取り
  4. 遺体の搬送・安置
  5. 葬儀社と打ち合わせ
  6. 関係者へ連絡
  7. 納棺
  8. 通夜
  9. 告別式
  10. 火葬・骨上げ
  11. 還骨法要・初七日法要

故人が自宅で息を引き取った場合、呼吸停止時刻を忘れずにメモしてかかりつけ医に連絡します。そして、取り急ぎ故人と縁が深い人たちに亡くなったことを伝えましょう。死亡診断書を医師から受け取ったら、葬儀社に連絡して遺体を自宅もしくは葬儀社の専用施設まで搬送してもらいます。葬儀社との打ち合わせで通夜や告別式の日程が決まり次第、さきほど連絡した関係者やその他の関係者に詳細を知らせます。

遺体を清め納棺が済んだら、通夜→告別式→火葬という流れになります。通夜・告別式については以下の記事で詳しく解説しています。

お通夜の流れと所要時間
告別式の流れと所要時間

亡くなったことを伝える範囲

親族については、「3親等まで」「4親等以降は故人と縁が深い人」に連絡すると良いでしょう。相手にとって故人が夫、妻、父母、子、兄弟姉妹、祖父母、孫、曾祖父母、伯叔父母、甥姪、曾孫にあたる場合は、連絡するべき3親等ということになります。

亡くなったことを知らせる順番は、家族・親族→故人の友人・知人・会社関係者→遺族の友人・知人・会社関係者→隣近所・町内会です。前述の2のタイミングで連絡する相手は、家族・親族、故人と特に親しかった人のみで、あとは通夜・告別式の日程が決まってから知らせるので問題ありません。

葬式の種類

葬式にはさまざまな形式があります。広く参列者を呼ぶ場合は「一般葬」、家族・親族のみで行いたい場合は「家族葬」、ごく数名で行いたい場合は「直葬」を選ぶと良いでしょう。どの葬式形式を選ぶかによって、式の内容や料金が変わってきます。

参列者の数で選ぶのであれば、一般葬は50名以上、家族葬は15~50名、直葬は1~5名の場合に向いています。一般葬・家族葬は通夜・告別式をおこなうため式の内容にあまり違いはありませんが、直葬の場合は通夜・告別式を省略するため、納棺のあとにすぐ火葬となります。料金は葬儀社にもよりますが、大体一般葬は130万円から、家族葬は100万円から、直葬は15万円から行える場合が多いです。

家族葬については、以下の記事で詳しく解説しています。

家族葬の費用と流れ