喪中に年賀状が届いた場合の返事文例

喪中に届いた年賀状への返事の文例をご紹介します。喪中にもらった年賀状へ返事を出したい方向けです。コピペで使える文例をいくつかご紹介しているので、文章を考える手間を省くことができます。

喪中に年賀状が届いたら寒中見舞いを出そう

喪中ハガキを送らなかった場合、こちらが喪中であることを知らなかった相手から年賀状が届くことがあります。このような場合は、「寒中見舞い」という形で返事をすると良いでしょう。寒中見舞いを出せる期間は松の内(1月7日)が明けてから立春(2月4日)までなので、1月中に投函するのが慣例となっています。

寒中見舞いは喪中にもらった年賀状への返事を送りたい場合だけでなく、年賀状を送りたいけれど松の内が過ぎてしまっている場合、喪中ハガキへの返事を送りたい場合、喪中と知らず年賀状を送ってしまったことに対してお詫びをしたい場合などにも使われます。

基本的な構成

喪中にもらった年賀状への返事の場合、寒中見舞いの基本的な構成は次のとおりです。

  1. 寒中見舞いの言葉
  2. 年賀状へのお礼の言葉
  3. 喪中のお知らせ
  4. 喪中ハガキを出さなかったことへのお詫び
  5. 締めの挨拶
  6. 日付

「1.寒中見舞いの言葉」というのは、「寒中お見舞い申し上げます」の言葉を指します。「5.締めの挨拶」には、お世話になったことへのお礼の言葉、相手の体調を気づかう言葉、今後も変わらぬお付き合いを願う言葉などを入れます。「拝啓」などの頭語、「敬具」などの結語は不要です。

次から寒中見舞いの文例をいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてください。

寒中見舞いの文例

寒中見舞いを作成するときは、おめでたい言葉の「賀」「おめでとう」「お慶び」などを使わないのがポイントです。「年賀状」は「お年始状」「年頭のご挨拶」などと別の言葉で表しましょう。

故人の名前の前には、差出人の筆頭者から見た続柄を書きます。たとえば、夫婦連名で出す場合で、妻の母親が亡くなっているときは「養母 ◯◯」と書きます。「妻の母 ◯◯」でもOKです。なお、故人については名前を書かず「父」「祖母」などと続柄のみにするケースもあります。

寒中お見舞い申し上げます
年頭のご挨拶をいただきありがとうございました
実は昨年◯◯が他界したため新年のご挨拶を控えさせていただきました
ご通知が遅れましたことお詫び申し上げます
故人が生前賜りましたご厚情に深く感謝いたしますとともに
本年も変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます
平成◯年一月
寒中お見舞い申し上げます
この度はお年始状を頂戴いたしましてありがとうございました
昨年◯月に◯◯が◯歳にて他界いたしました
本来であればこちらから欠礼のお知らせを差し上げるべきところ行き届かず失礼いたしました
今年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます
平成◯年一月
寒中お見舞い申し上げます
この度は年頭のご挨拶ありがとうございました
昨年◯月に◯◯を亡くし服喪中のため新年のご挨拶を失礼させていただきました
ご挨拶が遅れまして申し訳ございません
本年もご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます
時節柄くれぐれもご自愛ください
平成◯年一月
寒中お見舞い申し上げます
年頭にはご丁寧なお年始状をお送りいただきありがとうございました
昨年◯月◯日に◯◯が◯歳にて永眠いたしました
旧年中にお知らせ申し上げるべきところ年を越してしまいました非礼をどうかお許しください
厳寒の折皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
平成◯年一月
寒中お見舞い申し上げます
ご丁寧なお年始状をいただきありがとうございました
実は昨年◯月に◯◯が永眠し服喪中のため年頭のご挨拶を差し控えさせていただきました
ご連絡が行き届かず誠に失礼いたしました
どうかお風邪など召されませんようご自愛ください
平成◯年一月