忌引きになる続柄はどこまで?期間はいつからいつまで?

忌引きになる続柄はどこまでなのか、忌引きの期間はいつからいつまでなのか解説します。家族もしくは親族が亡くなり、これから忌引き休暇を申請しようとしている方向けです。忌引きをとる上で参考になります。

忌引き休暇が認められる続柄

一般的に、忌引きが認められるのは2親等までとなっています。つまり、自分にとって故人が夫、妻、父母、子、兄弟姉妹、祖父母、孫のいずれかに該当する場合は、不幸があったことを理由に一定の期間学校や会社を休めるということです。

忌引きは「特別な理由による休暇」と認められている場合がほとんどです。学生の場合は「出席しなければいけない日数」から休暇日数を差し引かれることが、会社員の場合は有給扱いになることが多いです。

忌引き休暇の期間

忌引き休暇の起算日は、逝去日もしくは休暇の申請日であるケースがほとんどです。期間は故人の続柄によって変わります。配偶者の場合は10日間、父母の場合は7日間、子の場合は5日間、兄弟姉妹、祖父母、配偶者の父母の場合は3日間、配偶者の兄弟姉妹、配偶者の祖父母、孫の場合は1日間の休暇をとれることが一般的です。

ただし、忌引きは法律で規定されている休暇ではありません。そのため、いつから起算していつまでを休暇として認めるかはそれぞれの学校や会社が自由に決められるようになっています。これは、忌引きが認められる続柄についてもいえることです。

忌引き休暇をとる方法

忌引き休暇をとる場合、学生は担任へ連絡を、会社員は直属の上司へ連絡をします。このとき伝えるべきなのは「誰がいつ亡くなったか」「故人と自分(保護者が連絡する場合は子)の関係」「喪主」「通夜・告別式の日時・場所」「休暇中の連絡先」「いつまで休むか」などです。

会社員の方は、忌明け後に上司や同僚への挨拶があります。休暇をいただいたことへの謝罪や、無事に通夜・告別式を終えたことの報告などを欠かさずに行いましょう。個包装になっている菓子折りなどを持参すると気持ちが伝わりやすいです。