お通夜の供花の種類と贈り方

お通夜の供花の種類と贈り方を解説します。供花を初めて贈る方向けです。どんな花がふさわしいのか、どういう手順で贈れば良いのかがわかり、スムーズに供花を手配することができます。

供花の種類

供花は、相手の宗教に合ったものを選びます。仏教の場合は白ベースの百合・菊・カーネーション・デンファレ、神道の場合は白菊、キリスト教の場合は白ベースの百合・カーネーション・小菊・スプレー菊などが一般的です。また、仏教や神道では籠盛りのほかにスタンドも用いられますが、キリスト教ではスタンドを用いることはありません。

値段は花の種類や季節によって変動しますが、大体一基7,500~15,000円ほど。スタンドより籠盛りのほうが安価となっています。

供花の贈り方

供花は花屋やネットサービスでも注文できますが、葬儀社で注文することをおすすめします。葬儀社によっては他店で購入した供花を受け付けてもらえない場合があるからです。葬儀社以外で注文する場合は、あらかじめ葬儀社に確認をとってから手配するようにしましょう。

葬儀社で注文する場合、手順は次のとおりです。

  1. 供花の種類・予算、名札に記載する内容を決める
  2. 葬儀会場に連絡して通夜の日程・喪主を伝え、担当葬儀社を教えてもらう
  3. 担当葬儀社に連絡して通夜の日程・喪主を伝え、供花を注文する

供花は祭壇や会場のバランスを考えなければいけないので、葬儀社におまかせしたほうが安心です。名札は、会社で贈る場合は会社名に、個人で贈る場合は個人のフルネームにします。連名で贈る場合は、一人一人のフルネームを立場が上の人が右にくるように書くか、「◯◯一同」などとします。

なお、供花は通夜の午前中までに手配しておく必要があります。